優良物件を探す|初めてのアパート経営を失敗させないコツ|過去の事例を見つめる
女の人

初めてのアパート経営を失敗させないコツ|過去の事例を見つめる

優良物件を探す

部屋

あなたはマンション経営をするマンションに入居する人々は、家族や一人暮らしのサラリーマンあるいはOLあるいは上京したての学生、老後を楽しむ老夫婦など、その土地その物件に住む人にとって、特徴はすべてそれぞれ違います。そんな彼らにとって「ニーズが合う」「生活がしやすい」「長く住みたくなる」というような物件こそが本当の優良物件なのです。ですからターゲットとする入居者によって優良物件の定義は変化してくるわけです。ですから、マンション経営をする上で考えるべきことは「どのようなタイプの人が入居したいと考えるのか」をしっかりと考える必要があります。そのために、次の4つの基本的なポイントをしっかりとチェックすることが必要です。「駅までの距離」「学校までの距離」「周辺の環境」「設備の充実度」マンション経営においてなぜこの点は重要なのか説明しましょう。

まず駅間の距離ですが、ワンルームマンションなどのマンション経営をする場合、単身世帯用の物件を入居者が選定する場合、駅までの距離「駅から徒歩何分」という文献表示を最優先にして選ぶと空室リスクを避けることが可能だと言われているからです。大都市近郊の地区の場合、ほとんどの人は電車に乗って通勤するため、 「自宅から駅までの距離」はとても重要な要素となります。 3分、5分、7分、10分、と最寄り駅から遠くなればなるほど、家賃は下がりますし、空室率も高くなります。次に学校までの距離ですが、 2LDKの間取りの場合ファミリー世帯が入居する場合が多くなります。その場合には激辛多少離れていても近くに学校があることを優先したり、安全で安心な生活環境を最優先にする家庭が多いことを把握しておくべきでしょう。